ロレックス定価より高い理由と種類は? 歴史についても調べてみました?

この記事は2分で読めます

feature_img01

Sponsored Link

feature_img01

夫がついに、「そろそろロレックスが欲しい」とつぶやきました

前々から、いやな予感はしていたのだけれど

ついにきたかぁ・・・です

ネットでひそかに調べてみました

ロレックスもピンキリで

30万円台から300万円くらいまで

もうほんとうにいろいろです

実はもっと高いものもあるのですが庶民には縁の遠いものなので

価格として挙げませんでした

メンズで売れすぎの価格帯を見ると

70万~120万くらいでしょうか

それにしても、腕時計一つでなんでこんなに高いの??

夫との会話の内容から推測すると、どうも夫の狙っているのは

100万くらいのものらしい

これまで仕事も頑張ってきたわけだし

年齢を考えれば、一生ものの時計を欲しがるのも無理はない

ネットで見ると、ある・ある・ある

多すぎてわからない!!!

その中に、定価より高い価格の付いたものがあったのです

なぜ???

しかも、同じ時計の2~3年前のものは

定価より安い・・決して中古品ではなく新品です

時計って、新品でも年式が古くなると

値段って下がるのですね

車の場合、購入してナンバー登録したとたんに

使用していなくても新古車になりますよね

それとおなじ???

使わなくても、賞味期限??・・っていう感じ?

問題の「定価より高い値段で取引されている機種」は

 

34eecef5a1c98c9881449925e6def79a-670x428

サブマリーナデイトのブラック

という機種でした

文字盤と外側の数字の書いてある輪

(どうも、これをベゼルと言うらしいです)

が黒いものです

定価が874800円に対して、ネットショップでの価格は

なんと、960000円なんです

これっていったいどういうこと??

なぞは深まります

 

そこで、ロレックスについて調べてみようと思いました

まずはロレックスの誕生から

1905-1919_wilsdorf_hans_0001_364x200

1905年、24歳のハンス・ウイルスドルフがロンドンに

時計販売の専門会社を設立しました

ロレックスという名前は

「短く、どの言語で発音しやすく、かつ記憶に残り、

時計のムーブメントとダイアルに刻印した時に

美しく見える名前」をつけたいと考えられたそうです

さすがに歴史に残るものを世に生み出す人のアイディアは違いますね

その後1919年に時計製造で世界的に有名なスイスのジュネーブに

会社を移しました

ロレックスは、「世界初」と言われるものを次々に開発しています

防水性を備えた「オイスター」と名付けられた完全密封のケース

「パペチュアル」という自動巻きのメカニズム

私たちが今では当たり前になっている

時計の性能はロレックスによって生み出されたんですね

 夫がめでたくロレックスを手に入れるまで

ロレックス情報を書いていきたいと思います

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 160224nkai1
  2. 089042-hashi765ue
  3. imgres
  4. o-CHIBANIAN-facebook
  5. ドーナッツ
  6. 1201844309_photo
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。