新型ノロウィルス2016症状と対策は?潜伏期間や予防も

この記事は2分で読めます

jcast_249723_main

Sponsored Link

jcast_249723_main

「ノロウィルス」がメディアで聞かれる季節になっていますね

ノロウィルスについてしらべてみました

潜伏期間や症状

インフルエンザ同様、ノロウイルスの場合は、冬に発生することが多い

という特徴があります

通常、感染すると、ウイルスが体内に侵入してから、24~48時間で

腹痛や嘔吐、下痢などの症状が起きます。

早いときは感染してから発症するまでわずか一日で急性胃腸炎の症状が

見られることもあります。

そのため、嘔吐後の吐瀉物が感染の原因になることも多いようです。

ノロウイルスの場合、学校や介護施設などで集団感染が起きやすいのも、そのためです。

吐瀉物だけではなく、感染した人との手指を介しても感染することがあります。

適切な処理や消毒をしないと感染の可能性が高くなりますが、ノロウイルスの場合、

アルコールや高温消毒に対して抵抗性が強く、なかなか死滅しないため、

発生すると、集団感染を防ぐのが難しいのだそうです。

ノロウイルスに感染しても、症状が長期間続くことはなく、1~3日程度、急性胃腸炎の症状が続いた後は、回復に向かうことが多いようです。

対策や予防

それでは、感染を未然に防ぐにはどうしたらいいのでしょうか?

感染予防のためには、とにかく丁寧な基本の手洗いを

しっかりと行うことが効果的な方法であると考えられています。

外から帰った後やトイレの後は、手のしわの間まで、丁寧に洗うことが大切です。

でも、水で濡らしただけの中途半端な洗い方や、丁寧に洗った手を

ぬれたまま放置するのはもってのほかです。

ウイルス自体は乾燥に強いのですが、水分にも付着してしまいます。

ウイルス単独で空気中に浮遊しているよりも、水分に付着して

霧状になって空気に舞い上がるほうが、人に感染しやすくなるからです。

手洗いだけでは感染を完全に防ぐのは難しいのですが、それでもノロウイルスに

感染しないようにするためには、まずは基本の手洗いをしっかりと行うことが大事なようです。

また、手を洗うだけではなく、周囲でノロウイルスの感染者が嘔吐した場合は、

吐瀉物と一緒にウイルスが飛び散っている可能性が多くなりますので、

念には念を入れて消毒するようにしましょう。

「トイレで大便をして流す際、感染者は便器のフタを閉めてから流してください。フタを開けた

まま流すと、水の勢いで約50センチ四方に細菌が飛び散るという実験結果があり、ウイルスでも

同様だと考えられています」とテレビで言ってましたが、

トイレのフタって、こういう時の感染予防にも役に立つんだと初めて気づきました

予防対策を取る前にもう一つ大切なことがあります

バランスの良い栄養と睡眠です

体の調子が悪くなっていると、免疫力が弱くなります

同じ環境でウィルスに接触したとしても

免疫力の高い人はひどい症状にならなくて済みます

免疫力の低い、お年寄りや小さな子供の重篤な状態になるのはそのためです

まずは、キチンと食事をとり、睡眠不足にならないこと

そして、外から帰った時はていねいに手洗いやうがい

そんな、ウィルスを近づけないライフスタイルが大切だと思いました

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. NRR2016144271_0-thumb-283xauto-1550905
  2. 160224nkai1
  3. 20986_r1_free01_01_2_img
  4. Tokyo Gov. Yoichi Masuzoe answers reporters questions during a press conference in Tokyo, Friday, May 13, 2016. The governor Tokyo has triggered public outrage for flying first-class and staying at up to $1,800-a-night suites in Europe and America during official overseas trips. (AP Photo/Koji Sasahara)
  5. 657
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。