小顔効果もあるダイエットは?成功率90%箸置きの使い方も!

この記事は2分で読めます

089042-hashi765ue

Sponsored Link

089042-hashi765ue

成功率90%のダイエットと聞けば知りたくなりますよね。

それも、「箸置きを使うだけ」というシンプルなもので、

ほんとうなの?と言いたくもなりますが、今回は「箸置きダイエット」

について調べてみました

 

箸置きダイエットのやり方はとっても簡単!

なんと、食事の時に1口食べるたびに「おはしを箸置きに置くだけ」

なんです!

 

でも箸置きの説明の前に太りやすい人の食事方法を考えてみましょう。

 

■早食いが肥満につながる

「早食いは肥満のもと」という事を聞いたことはありませんか?

なぜ早食いは肥満につながるのでしょう?

人は食べ物を噛んで飲み込みます。そして食道を通って食べ物は胃に

入っていきます。

胃は、口から食道を通って入ってきた食物が蓄えられる袋のような臓器で

す。空腹のときは細長くしぼんでいますが、満腹時には大きくふくらんで

食べ物や飲み物を1.5~2.5リットルも貯めこむことができます。

満腹感というのは、脂肪細胞から分泌されるレプチンというホルモンの

刺激と、食事による血糖値の上昇ではじめて脳が満腹感を感じることを

言うのです。

 

ですから、早食いをしてしまうと、その段階で脳が満腹感を感じる前に

食べ過ぎてしまっているという事になるのです。

 

そこで、食べ過ぎる前に、脳が満腹感を感じられるような食事方法を取る

ために使われるのが、箸置きと言うわけです

 

■箸置きの使い方

箸置きを使ってどう食事をすればよいかを説明しますね

 

1.一口食べ物を口にいれたら、はしを箸置きに置く

2.よく噛む(食べ物を口にいれたら、最低30回は噛む)

3.はしを20秒以上持たない

と、言ってみればルールはこれだけなのです

 

■噛むことがダイエットに効く理由

「噛む」ことがダイエットに効くのには理由があります。

 

よく噛んで食べることにより、脳内に食欲を抑える「ヒスタミン」が生成

され、食べる量を減らすことができます。

 

またこの「ヒスタミン」には脂肪を分解・燃焼する働きもあり、噛めば噛

むほど脂肪を燃焼してくれるらしいです。

さらに、「噛む」というリズム運動を行うことで分泌されるのが

「セロトニン」です。

 

「セロトニン」は満腹中枢に作用して食欲を抑制するほか、気持ちを落ち

着かせる作用があるので、無茶な大食いを防いでくれるそうです。

 

ある製薬会社では、参加者の96%がダイエットに成功したという事です。

 

一口食べるごとに箸を置き、丁寧な「箸の作法」を繰り返すことで、

とても優雅な作法も身に付きそうな「箸置きを使うだけダイエット」

やってみる価値はありそうですね

 

でも、家族や友人がみな早食いだったりしたら、周りの人の理解を得る

ために説明をしておくことも必要かもしれません。

 

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. images
  2. 001_size8
  3. 62ce5_106_30f675ab_7f68f14d
  4. 31ice-popping-shower-max01
  5. e69ef_1500_d1cc801f_7f7de25b
  6. Tokyo Gov. Yoichi Masuzoe answers reporters questions during a press conference in Tokyo, Friday, May 13, 2016. The governor Tokyo has triggered public outrage for flying first-class and staying at up to $1,800-a-night suites in Europe and America during official overseas trips. (AP Photo/Koji Sasahara)
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。