花粉症に効果があるとされる物質は?理由と過剰摂取の障害も

この記事は2分で読めます

杉花粉

Sponsored Link

杉花粉

花粉症の季節がやってきましたね

幸い私は今のところ花粉症が出ないので大丈夫ですが

花粉症はある日突然やってくるらしいので

こういう情報は知っておいて損はないと思います

 

なぜビタミンDなのか?

最近、花粉症やいろいろなアレルギー性疾患の症状の緩和に、

ビタミンDが影響する可能性が高いとする研究報告をよく見かけます。

一つは、ビタミンDが本来もっているホルモンに似た作用です。

また、現代人の多くが慢性的なビタミンD欠乏状態にあることも理由にあげられます。

最新の研究によれば、ビタミンDとは、全身の細胞の機能に重要な影響を持ち、

免疫機能やアレルギー反応、アンチエイジングなどの多用な働きを有する

特殊なビタミンであるということです。

ビタミンDが不足すると乳がんや大腸がんなどの癌が増加することもわかっています。

また、不足すると、関節痛も誘発するので、さまざまな慢性的な

肩や腰や膝の痛みなどにも関係するそうです。

ビタミンDといえば、これまで骨粗しょう症の予防に良いと聞いてきました。

そのためには、食品だけでは十分な量のビタミンDが撮れないので、

日光に当たって、体内でビタミンDを作る必要があるそうです。

昔から人間は日光に当たることでビタミンDを合成してきた動物なので

日光に当たらないと健康な生活ができないようにできているのだそうです。

しかし、生活様式が変わり、現代人のほとんどは日光にあたる時間が不足しています。

ですから、できるだけ外に出て日光浴をすることが必要になってきます

ビタミンDを体内で合成するためには

日中に15分くらい、週に三回程度は日光浴をすると良いそうですよ。

ただし、ガラス越しや日焼け止め使用下では効果はありませんので、

そこは健康のためと割り切って思い切って素肌に太陽を浴びましょう

 

j

 

過剰摂取の障害

効果があると言っても、取りすぎるのは逆効果です

ビタミンDは脂溶性なので、体内に溜まりやすいと言われているからです。

長期間の摂取によって血管の内壁とか内蔵(腎臓、心臓など)に

カルシウムが沈着しやすくなるそうです。

なので、厚労省は上限を成人で1日2000IUまでとしています。

1日2000IUと言われても、ピンときません。

食品で撮る場合は、ほとんど心配ないのですが、サプリメントで撮る場合は

飲む量をきちんと守って、正しい用法に従う事が大切なようです。

 

 

 人類の歴史

人間は400万年という、とても長い時間をかけて、

今の体の機能を作りあげてきました。

NW6-kigen

どんなに科学や文明が発達したとしても、

人類がたどってきた時間に比べるとほんの短い期間です。

「人間も動物」です。

自然に逆らわず、自然な生活は大切にしたいものです。

しかも、それによって花粉症だけでなく

インフルエンザ予防にも役立つなら

大いにビタミンDの含まれた食品を取り

日光に当たりましょう。

 

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2015 01.16

    Hello world!

  2. yukimura_sanada_matome_m
  3. f4f33642e2dbe8
  4. m_SMAP2011
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。