佐野陽光(クックパッド創業者)の解任理由は?年収や経歴を調べてみた

この記事は2分で読めます

aeab3b17

Sponsored Link

aeab3b17

クックパッドといえば、毎日料理を担当する主婦の強い味方ですね

そのクックパッドの社内で、何やらもめ事が起こっているようです

その辺を調べてみました

 

 

■今回のお家騒動とは

クックパッドは1997年に設立されました。創業者の佐野氏は

2012年5月に社長を退き、現在は同社株式の約43%を持つ

取締役となっています。

佐野氏は、3月24日の株主総会に向け、

後任の穐田誉輝(あきたよしてる)現社長が進める多角化路線に反発して、

自身を除く全6取締役の交代を株主提案していました。

両者の経営の路線対立から、佐野氏は穐田社長らの更迭を求めてきたのです

が、社外取締役が取締役会で解任動議を提案、賛成多数で決議されたという

流れです。

佐野氏2月12日の取締役会で執行役に選任されたばかりだったのですが、

今回の騒動は「寝耳に水」というところでしょうね。

 

■佐野氏の経歴

mgr1_216main1

東京都生まれ。小学校時代からコンピューターに触れる機会のある生活環境

だったようです。

建設会社に勤めていた父親の転勤で、シンガポール、米国ロサンゼルスで

過ごし、ロサンゼルスの高校を卒業しました。長期の外国暮らしで

食生活が不規則になり、それをきっかけに食の大切さや料理が家族を幸せに

するという考え方を持つようになったそうです。

1993年慶応義塾大学環境情報学部入学し、1997年に同大学を卒業。

就職せずに、同年10月にクックパッドの前身となる「有限会社コイン」を

設立しました。1999年「kitchen@coin」から「クックパッド」へ

サイト名を変更。2009年東京証券取引所マザースでへ上場し、

2011年には東京証券取引所1部に上場と、いわば起業家として順調な

成功をおさめたと言えるのでしょうか。

 

■佐野氏の理念

佐野氏の愛読書は「ビジョナリー・カンパニー2 飛躍の法則」

(ジムコリンズ著)という事ですが、それを示す通り、ビジョンにこだわり

を持った経営者らしいです。

あるインタビューによると

<以下引用>

会社の意思決定の基準も明確化している。「本当に料理が楽しくなるのか」

「世界一になれるのか」「儲かる仕組みがあるのか」という「三つの輪」が

あり、三つのうち一つでも実現可能性がないものはやらない。たとえば、

どんなに料理が楽しくなって、儲かっても、世界で一番になれないとわかっ

たらやらない。「グッドはやらない、ベストだけやる」というのが会社の

決まり。

この三つの輪を見つけ出すのには7年ぐらいかかった。これは、社員が会社

や企業活動を統制する憲法みたいなもの。たとえ社長の意見であっても、

この三つの基準を満たす可能性が説明できなければ、その意思決定は認めら

れない。

(『週刊東洋経済』2010年3月27日号)

 

■ 佐野氏の年収

これに関しては、あれこれ調べましたが出てきませんでした。

同じような規模の会社経営者の年収が2000万~3000万位ですので

それくらいはあると思われます。

ただ、資産に関しては2016年現在で810億だそうです。

庶民感覚からすると、まったくイメージできない数字ですが、もともと食に

関する佐野氏の実体験と理念から生まれた「クックパッド」ですよね。

企業も大きくなると経営者の方針で当然変わることはあるでしょう。

内部でのもめ事があったとしても、このサイトは主婦によって支えられてい

るという事は忘れないでほしいですね。

企業の「ご都合」で主婦を怒らせると、怖いですよ!!

 

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. shutterstock_267579800-2
  2. Asparagus
  3. 001_size8
  4. 089042-hashi765ue
  5. ドーナッツ
  6. shutterstock_382602475
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。