熊本地震支援物資を個人的に送る方法は?品物の種類も

この記事は2分で読めます

Sponsored Link

 

先週木曜日14日の21時半ごろ

熊本益城町で最初に大きな地震が起きて、

ここ福岡でも経験したことのないような余震が続いています。

その夜、テレビはつけっぱなし、

パジャマを服に着替えて、

何かあった時にすぐに外に逃げられるように

懐中電灯を手元に置いて、ソファで寝ました。

熊本と福岡は同じ九州でも隣あった県で

新幹線も開通し、高速を使っても1時間くらいでいけるところです

ですから、経済的にもつながりが大きいのです

私の娘にも、私にも熊本には知り合いが多く

その人たちの安否確認はできましたが

家の中がぐちゃぐちゃになった人が何人かいます

余震が怖いので家にも入れず、車で生活をしている人もいます。

その中の一人に、友人仲間で支援物資を送ろうという声が上がり

早速、ラインを通じて連絡を取り合いました

今回、地震直後に携帯は通じなかったのに

ラインはちゃんとつながったのは、驚きでしたしありがたかったです

さて、何をどうやって送るか

今回の地震で、熊本空港は震源地に近く使えなくなっています。

新幹線も、列車が脱線して不通

高速道路も、地震で道路が波打って通れない

九州のほぼ真ん中に位置する熊本が本当に孤立状態になっているのです

今回調べて分かったことは

支援物資を個人で送ろうとすると、「宅急便」のようなものは送れないのです

ですから、当然「ゆうパック」は使えません。

でも、レターパックなら送れることがわかりました。

レターパックって、普段は文書を送るときにしか使わないので

そんなもので、ものが送れるのかピンときませんでした

でも、「これしかない」となると、人間知恵が出るものですね

まず、友人に何が必要か、欲しいか聞きました

答えは「たんぱく質が足りない」

炊き出しでおむすびは食べたれるけど、

たんぱく質はほとんどないとのことでした

レターパックでたんぱく質を送るにはどうすればよいか???

缶詰ではなく、そのまま食べられるもので、

しかもコンパクトに常温で送れる物

でてきた答えが

■レトルトパックに入ったゆでた豆(サラダなどに使う)

■ナッツ類

お湯があれば使えるものとして

■インスタント味噌汁に、「ふ」とか「小さいサイズの高野豆腐」

こういうものなら、平らにしてレターパックに詰められます。

早速、買い物に出かけ、レターパックで食料を送りました。

少しでも、大変な状況にいる友人の役に立ってくれることを祈りながら。

でも福岡も、安心してはいられません

いつ、大きな地震が来るかわからないので

今回ばかりは、本気で地震対策をしようと思いました。

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. imgres
  2. 2015 01.16

    Hello world!

  3. DSC_3391
  4. 杉花粉
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。