宇多田ヒカル英国永住決意の理由は?イタリア人夫との息子の英才教育も!

この記事は2分で読めます

10033022385

Sponsored Link

10033022385

宇多田ヒカルさんが、英国永住を決意したというニュースが流れてきました。

「なぜ?」気になって調べてみました。

ヒカルさんは、4月から始まったNHK朝ドラのテーマソングで、

久々に6年ぶりの新曲を発表したばかりですね。

2010年 – 2015年(活動休止期間)

2010年8月9日、

ご自分のブログで年内をもってアーティスト活動を無期限休止することを発表しました。

その当時日本では、ずいぶん話題になりましたね。

 

「来年から、しばらくの間は派手な『アーティスト活動』を止めて、

『人間活動』に専念しようと思います」

「2年になるか、5年になるか、わからないけど、一回り大きくなって帰ってくるから。

少し時間をください」

というファンに向けた言葉はとても新鮮に聞こえました。

 

「人間活動」についてはこう語っています。

「50歳くらいになったとき、マネージャーなしじゃ何もできない痛いおばさんにはなりたくなかった」

「できればボランティアとか人と関わることようなことを外国でやりたい」

「おばあちゃんになるまで生きたい。そのときは日本にいたい」

この言葉を聞くと、歌うことしか知らない宇多田ヒカルの母親、藤圭子さんの

悲しい死に方と少なからず関係があるのかなと推測してしまいます。

 

その後、宇多田ヒカルさんは2014年5月、

バーテンダーのフランチェスコ・カリアーノというイタリア人と再婚しました。

 

そして2015年7月には、男の子を出産しました。

いよいよ母親になったヒカルさん

英国に住んでいましたが、ついに永住を決意したらしいですが

なぜなのでしょうね

 

一つには、

夫がイタリア人で日本に住めないこと

二つ目に

イギリスでは、音楽性に関してより厳しいこと

を上げています。

 

「水は低きに流れる」と言いますね

人間どちらかと言うと、楽な方に流れてしまう傾向がありますが

さすが、ヒカルさんはアーティストとして

母親になっても、音楽性を突き詰めていきたいようです。

 

イタリア人の父親でイギリスに住むということは

子供が日本人としてのアイデンティティを失う可能性もあり得ますね

そのあたりは、現在10か月の息子には、日本の童謡を聞かせ

漫画「昔話」のDVDを見せているとか・・・

宇多田ヒカルさん、歌がうまいだけでなく、

思ったより、地に足の着いたしっかりとした生き方をしているなぁと

改めて見直しました。

もしかして、イギリスに旅行した時に、

ばったりヒカル親子を目撃する可能性もあるってことですか?

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. o0575040612839024824
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。