真田丸北条家の板部岡江雪斎(いたべおかこうせつさい)とはどんな人?

この記事は3分で読めます

sanadamaru22kannsoukousetusai

Sponsored Link

sanadamaru22kannsoukousetusai

沼田裁定では、

キーマン的な役割を果たしている江雪斎ですが、

いったい彼はどんな人物なんでしょうか?

また、北条が滅んだのちの江雪斎の動向も気になるところです。

「板部岡江雪斎」について調べてみました。

 

 

江雪斎は、北条時行の子孫とされる田中泰行の子で、

北条氏の命によって、板部岡の名を継いだとされています。

北条家では、右筆(「ゆうひつ」中世・近世に置かれた

武家の秘書役を行う文官)や、

評定衆(「ひょうじょうしゅう」事務官僚のような仕事全般)

として活躍するだけでなく、

寺社奉行として寺社の管理などにも携わったと考えられています。

 

事務官僚としての役目のほか、

外交僧としても活躍したということは、

もちろん他の大名と接触する機会も、

ほかの家来と比較して非常に多かったと思えます。

 

天正元年(1573年)、「武田信玄が死去した」

といううわさが流れた時は

それを確認するために氏政の命で

病気見舞いの使者として甲斐に行きました。

この時、武田家では信玄の死去を秘密にしていたため、

信玄の弟・信廉が影武者として江雪斎を出迎えています。

一説によれば、江雪斎はそれを見抜けなかったということです。

 

また、北条氏と武田氏との同盟が決裂したさい、

北条氏は織田信長と同盟を結びますが、

この際の使者としても江雪斎は活躍しています。

 

天正10年(1582年)、織田信長が本能寺の変で暗殺されました。

それをきっかけに

信濃をめぐって徳川家康と北条氏直が対立すると、

その和睦交渉でも活躍し、両家の和睦を取りまとめました。

家康の娘・督姫を氏直の正室に迎えることにしたのです。

 

以後は太田氏房の補佐として岩槻城に入りました。

 

天正17年(1589年)北条氏と豊臣秀吉との間で対立が深まると、

北条氏規(氏政の弟)と共に関係修復につとめました。

 

このとき、秀吉は江雪斎の才能を高く評価し、

自ら茶を点てて接待したと言われています。

 

真田丸24回の小田原征伐で北条氏が没落した後は

秀吉の御伽衆(おとぎしゅう)となり、

姓を岡野と改めました。(岡野江雪斎)

 

御伽衆とは、主君の側近として仕え、政治や軍事の相談役になったり、

諸国の動静を伝えたり、世間話の相手も務める役割の人です

秀吉は、読み書きができなかったと言われていますので

より多くの御伽衆を抱えていたそうです。

 

秀吉の死後は長男・房恒が仕えていた徳川家康に接近し、

関ヶ原の戦いでは家康に従うことになりました。

東軍が勝利した理由として、小早川秀秋の寝返りがあります。

それにも江雪斎の説得があったと言われています。

慶長14年(1609年)6月3日に伏見で死去しました。

 

 

それにしても、この人物、一言で言えば

有能な「外交官」ですね。

北条が滅ぼされ、多くの家来たちも切腹したにもかかわらず

なぜ彼は生き延びることができたのでしょうか?

 

小田原開城の際、家康の娘である北条氏直の夫人を守り、

無事に家康に引き渡すと、その後生け捕りにされたそうです。

秀吉の前に引き出され、責任を問われた江雪斎は

「いくさを起こしてあるじが滅んだことは

自分が考えてもどうなるものではない。

むしろ滅ぶものだったのであろう。

しかし、日本中から集まった大軍を迎えて

一戦を交えたということは、

北条家の面目にとってはこれ以上のものはない。

思い残すことは何もないので遠慮せず首を刎ねなさい」

と潔く述べたということです。

 

これに対して秀吉は、

「はりつけの刑にでもしようかと思ったが、

主人を少しも批判しないことは誠にあっぱれである。

命は助けるので今後は豊臣に仕えよ。」

と江雪斎を許し、御伽衆に加えたといういきさつで

秀吉に使えることになったそうです。

 

これほど優秀な外交官がいたにもかかわらず

その才能をうまく生かすことができず

滅んでしまう北条は、やはり

江雪斎の言う通り、

「滅ぶ運命にあった」ということなのでしょうか。

 

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 500x0_57425312-90dc-45b2-8b99-0f370a0100a0.jpg
  2. 伊達政宗役の長谷川朝晴はせがわともはる-283x300
  3. 北条氏政
  4. matuoka000001
  5. cf2agyvumaeyeod
  6. ヨシダ朝さん-215x300
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。