日焼け止め去年の使い残しはどうする?活用方法についても

この記事は2分で読めます

62ce5_106_30f675ab_7f68f14d

Sponsored Link

62ce5_106_30f675ab_7f68f14d

梅雨とは言え、晴れた日にはとても日差しが強いですね

実は、5月・6月は、真夏と同じくらい紫外線の量が多くて

油断できないのだそうです。

ご存じでしたか?

ついつい、梅雨の晴れ間はさわやかで

日焼け止めとか、日傘とか、帽子なんかも忘れがちです。

そろそろ日焼け止めをぬらなきゃね

・・・と思うこの時期になると、いつも悩みませんか?

「去年の使い残しの日焼け止めがあるんだけど、

これって使える?」って!

未開封の状態であれば使ってもOKだそうですが、

開封済みは使用してはいけないらしいです。

日焼け止めは通常のコスメよりも強い成分でつくられていることが多いので、

劣化した成分がお肌に悪影響を与えることもあるそうですよ。

 

「でも…捨てるのは、ちょっともったいない」

ついそう思ってしまいますよね。

何か「もったいなくない」方法はないものか!!

ありました。

従来の使い方以外にも、生活の中で役に立つ方法がありました。

 

1.シルバー製品をみがく

シルバーのアクセサリーは、少し使わないでいると

黒くなってしまいますよね。

そういう時はどうしていますか?

銀製品専用のポリッシャー使わなくても

ピッカピカにできるみたいですよ。

ツヤを出したい金属製品につけてクロスで磨いてみましょう。

日焼け止めクリームに含まれるオイル成分が、

錆びやくすみを取ってくれるそうですよ。

ただし細かい細工がしてあるものや、

石がついているものはやめたほうが良いそうです。

 

2.手についた油性マジックの汚れを落とす

油性ペンが付いた所に日焼け止めのクリームをつけます。

油性ペンが付いたところにクリームをよくなじませてから、

ティッシュで軽く拭き取ります。

この方法はクリームが浸み込まない素材なら何にでも使えるそうです。

 

3.ステッカーをはがす

はがしたい部分に日焼け止めを塗ってティッシュペーパーでカバーします。

しばらくたってから、そぉ~っとステッカーをはがしてみてください。

ワァオ~

これで、今年も新しい「日焼け止め」が買えそうです。

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. o-CHIBANIAN-facebook
  2. imgres
  3. 657
  4. apo0509641319
  5. 新商品
  6. shutterstock_382602475
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。