べっぴんさん主題歌ミスチルのヒカリノアトリエの由来は?歌詞も紹介

この記事は2分で読めます

e38392e382abe383aae381aee382a2e38388e383aae382a8

Sponsored Link

e38392e382abe383aae381aee382a2e38388e383aae382a8

ヒカリノアトリエ

NHK朝ドラ「べっぴんさん」が

10月3日から始まりましたね

今回の主題歌は、

ミスチルが歌う「ヒカリノアトリエ」です。

全部カタカナで表現された主題歌の由来を調べてみました。

 

これまでのNHKの朝ドラ主題歌の特徴と言えば

■やさしい曲調

■ミディアムなテンポ

■単調で覚えやすいメロディー

■あまり難しく考えないで誰もが気軽に口ずさめる

というところですよね。

NHKの堀之内礼二郎プロデューサーのコメントでは、

ドラマのタイトルにちなみ

「このドラマを最高の『べっぴん』にする」使命を

果たすためのアーティストとして

Mr.Childrenに主題歌を依頼した」そうです。

それに対して桜井さんのメッセージは

『「べっぴんさん」との出会いが、

僕らにまっすぐな希望の歌を与えてくれました。

ひたむきな物語にそっと寄り添えるような曲でありたいと

強く願っています』

双方の思い入れは理解できます。

 

では、タイトルの由来はなんでしょうか?

現在Mr.Childrenは、ツアー「虹」の最中です。

ツアーのメンバーはミスチル4人に

サポート4人を含めた8人。

桜井さんは、このツアーのグループに

名前を付けようと考えて

「Mr.Children光のアトリエで虹の絵を描く」としました

そして、中を取って、

「ヒカリノアトリエ」になったそうです。

ですから、「ヒカリノアトリエ」という言葉の由来は

実はバンド名なんです。

 

ではなぜバンド名を、新曲のタイトルにしたのでしょうか?

考えられるのは

命名者の桜井さんが

バンド名「ヒカリノアトリエ」をかなり気に入っているらしく、

そのまま曲のタイトルにしてしまった。

という事らしいです。

う~ん、なんかわかるようなわからないような・・・

 

 

 

【ヒカリノアトリエ】

作詞:Kazutoshi Sakurai 作曲:Kazutoshi Sakurai

雨上がりの空に七色の虹がかかる
ってそんなに単純じゃない
この夢想家でもそれくらい分かってる

例えば100万回のうちに
たった一度ある奇跡
下を見てばかりいたら見逃してしまうだろう

さあ 空にかかる虹を今日も信じ
歩き続けよう
優しすぎる嘘で涙を拭いたら
虹はもうそこにある
きっと虹はもうここにある

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. IMG_1071
  2. IMG_0626 (1)
  3. 162908
  4. 1429238157758
  5. be5f1809-cca1-4f39-9aed-5e0ef86636da
  6. IMG_0774
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。