べっぴんさん高良健吾のバイク姿がカッコイイ!演じる野上潔の人物像も

この記事は2分で読めます

maxresdefault

Sponsored Link

 

maxresdefault

朝ドラで高良健吾さんのカッコイイバイク姿を見て

朝からルンルンの気分です。

三つ揃いを着て古い型のバイクに乗って現れた

高良健吾ふんする野上潔さん

なんてかっこいいんでしょう。

NHK大河ドラマ「高杉晋作」を演じた時は

肺病を患っているという役柄のせいか

痩せて細く、演技も少しとがった感じもありました。

でも、今回の清役では表情が丸くなって、

落ち着いた雰囲気が出てきましたね。

以前は、端正な顔立ちに少々とげっぽい雰囲気も見えていましたが

年々、良い表情になっているみたいで

ますます魅力を感じる俳優さんです。

 

高良健吾演じる「野上潔」ってどんな人なのでしょう

調べてみました。

すみれの父である坂東五十八(生瀬勝久)が創業した

坂東営業部の番頭が野上正蔵(名倉潤)です。

その番頭さんの一人息子が高良健吾が演じる潔です。

すみれは潔に淡い恋心を抱いているようですが・・・

どうも、思いは遂げられず、初恋とはうまくいかないものですね

逆にうまくいかないから、美しい思い出になるのでしょうが・・

 

とまぁ、こういうモテモテのカッコイイ役どころですが

この潔の実際のモデルとなった人はどういう人だったのでしょうか。

実名:尾上清

尾上清は1911年(明治44年)大坂の帝塚山で生まれました。

父の設蔵は佐々木営業部(前身はレナウン)を創業した

佐々木八十八に認められ、大番頭にまでなった人です。

大番頭と言えば、今でいう実質的な社長だそうです。

戦時中、企業整理が行われ、

佐々木営業部は他社に吸収合併されて

一時消滅してしまいます。

しかし戦後、清は坂東八十八から会社の再会を託されて

株を買い戻し、佐々木営業部の独立を果たします

そして佐々木営業部の戦後初の社長に就任し

一流企業へと成長させました。

すみれに仕事を持つことを勧め、

子供服ファミリアを立ち上げてからもずっと

すみれの良い理解者であり、また相談相手にもなって

会社経営の助言や協力していったようです。

潔がどういう風に年齢を重ねていくのか

どんな演技を見せてくれるのか

楽しみな毎日です。

 

 

 

 

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. IMG_0160
  2. 亀助
  3. img_1465
  4. IMG_0626 (1)
  5. IMG_1071
  6. 1429238157758
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。